PEOPLE
野村 有佳子ラジオダイレクトレスポンス

人の心はいつ動くのか

株式会社スタープロジェクト野村 有佳子
ラジオダイレクトレスポンス

お客様の生の声、
ダイレクトな反応が得られた時は
なにより嬉しさややりがいを感じます。

現在のお仕事内容はどんな感じ?

野村:基本的にはラジオの関連業務全般、Web関連業務全般を担当しています。ラジオ生CMを月に平均70本以上扱っています。生CMなのでその都度原稿を少しづつ編集もします。CMの本番収録も当日の運用、ディレクションも行なったりします。

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

野村:当たり前かもしれませんが、ミスなく正確に確実にやるということは常に意識しています。原稿の内容や放送日時、収録先の電話先にミスがあると小さな事でも事故につながります。社内では2重、3重のチェックしてから、正確・確実な情報をお客様にお渡しするようにしています。

やはり正確かつスピード感も求められますか?

野村:そうですね、生CMだと原稿の締め切りが厳重にあるので、納期は厳守、仮に修正があっても即時対応できるようにスピード感を意識しています。

嬉しかったことは?

野村:やはり作ったものがお客様に届いた時ですね。お客様の生の声、ダイレクトな反応が得られた時はなにより嬉しさややりがいを感じます。
案件とは全然関係のない業者の方が弊社を訪れた際に、CM内容を口ずさんでくれた時は嬉しかったですね。あぁ、その人の記憶に残ったんだなぁーって。

逆に苦労した話や失敗談などありますか?

野村:スタープロジェクトはまだまだ走り出したばかりなので、一番苦労が絶えないというのは実際ありますが(笑)
ラジオ生CMに関してだと、放送の前日など直前になって、中継先の電話番号変更や出演者の変更などイレギュラーが発生した時は大変ですね。原稿の修正、連絡、出演者の再手配など、正確かつスピーディーに進めていかねばなりません。

印象に残っている仕事はありますか?

野村:私が初めて0から作成した原稿を局の方が全部暗記してくれて、「今までになかった原稿だ!」と絶賛して頂いたことがありました。こうやってこれまでとは違ったタイプの原稿を作れたことは自信にもなりました。
原稿を作る時は過去の物や、アンケートを参考にはしたりします。やはり年齢層やテイストだったりとか、それぞれの傾向はあるので、そこは意識します。こう言ったデータを見て、「何故印象に残るのか?」を論理的に分析する部分も大きいです。私自身まだまだ経験が浅いので、日々勉強ですね。

自分の経験値を増やしたい、
色々やってみたい!って人が楽しめる、
一生懸命仕事ができる職場かなと思います。

入社して変わったなという点はありますか?

野村:元々はイベント関係の仕事をしていたのですが、その時から「人を喜ばせる仕事」というものが好きだったので、どうしたら人に感動を与えられるのか?みたいな所を考えて常に仕事をしてきた部分がありました。
スタープロジェクトに入社してからは「人の心が動く時」っていうのはどういう時なのかを追求するようになったと思います。
普段友達とおしゃべりしている時でも、人の考え方や行動が変わる時はどういう作用があった時に変わるのかな?と今まで以上に深く考えるようになりましたね。トリガーとなるポイントを見極めるような感覚です。
自分の中での引き出しというか手札を増やすことが今は大切かと思っています。どんどんインプットとアウトプットをして、自分の中でのセオリーを作っていきたいなと思いっています。

普段はお忙しいかと思いますが、お休みの日はどんな感じでリフレッシュしていますか?

野村:基本的に物を作るのが大好きなので、何かしら制作活動をしていることが多いですね。今は、あるイベントのテーマソング作成やMVの制作をしています。日々の仕事はコツコツとやる仕事が多いので、その反動じゃないですけど、お休みの日は好きなものを作ってリフレッシュしています。

この仕事、スタープロジェクトを目指す人に何かメッセージはありますか?

野村:自分の仕事の範囲をここまでって決めちゃう人よりは、自分の経験値を増やしたい、色々やってみたい!って人が楽しめる、一生懸命仕事ができる職場かなと思います。
スタープロジェクトはまだまだ走り出したばかりです。これから新しい仕事にもどんどん挑戦していきます。入社したばかりでも、やりたい事を発信しやすい環境だなと思っています。

どんどん新しい事に
挑戦し続ける会社であって欲しいなと思います。

これからのスタープロジェクトはどうなっていくと思いますか?

野村:今はまだ人数も少ないですが、メンバーそれぞれが色々なことに挑戦しています。
スタープロジェクトとしても、どんどん新しい事に挑戦し続ける会社であって欲しいなと思います。

ご自身はこれからはどんなことに挑戦していきたいですか?

野村:今はラジオCMを中心にやってますが、ゆくゆくはテレビCMやイベントの企画などにも挑戦したいなと思っています。

そのときはディレクター?それとも制作側ですか?

野村:できればどちらも挑戦したいですね。やっぱイベントとか好きなのかな(笑)

やはり根底にあるのは「人を喜ばせたい」?

野村:そうですね、そこはずっと変わらないかなと思っています。